2007年12月09日

ウェブカメラの問題点

2005年の中旬ごろ、使用が簡単なGoogleの検索ストリングがオンラインフォーラムで公開されました。

これは、何千ものハイエンドな「ウェブカメラ」を見つけることができます。

多くの「ウェブカメラ」は初期設定で動作していて、パスワードなどを要求しないので、その結果、個人的な目的のウェブカメラを勝手に使用され覗かれるなど、プライバシー問題などに発展する場合もあるのです。

個人的に設置している「ウェブカメラ」を勝手に使用されるとなると大変なことになると思う。

他人に知られたくないことが、本人の知らない間にネット上に流出するようなことを考えると、とても「ウェブカメラ」を設置することはできなくなるのでは?と思ってしまう。

便利なモノが出てくると、必ずと言っていいほどそれを悪用する者が現われる。

要はその人の扱い次第なのだが、それを悪用しようと考える者が増えるのはとても悲しいことだ。
posted by ウェーブ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71925389

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。