2007年12月09日

ウェブカメラの用途は?

「ウェブカメラ」はどのような所に使用されているのでしょうか?

この「ウェブカメラ」、1991年にケンブリッジ大学において、コーヒーポットに入っているコーヒーの量を遠隔監視したのが始まりでした。

この監視を皮切りに、ネットワークカメラ技術の市場と利用は、現在では爆発的に増加しています。

もっとも身近な利用法としては、 玄関にカメラを設置して居間のパソコンで監視する、つまり防犯カメラの代わりに使うといったことも可能です。

最近のCMでは、保育園や託児所にカメラを設置して、 働くお母さんが子供のようすを確認できるようにしている例もありました。

今の時代、そこまでしなければ子供が危険にさらされてしまうということは非常に悲しいことだと思います。

自分らが子供の頃にはもちろんそんなモノはありませんでしたが、それでも危険にさらされるようなことはありませんでしたからね。

現在、世界各地にウェブカメラが設置されており、 インターネットに接続できる環境さえあれば、パソコンや携帯電話などで景色や交通状況などが確認できます。

銀行、空港、およびカジノ等におけるセキュリティソリューションはネットワークカメラを商業的用途に応用したほんの一例にすぎませんが、これらの用途は今日ではごくあたりまえのものになっています。
posted by ウェーブ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71922732

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。